CREIワーキングペーパー№6を掲載しました

CREI参画教員等によるワーキングペーパー(要約)を掲載します。

■No.6(January, 2022) NEW
COVID-19パンデミックによる既存住宅取引量の傾向変化:東京圏における所有権移転登記データを用いた分析
(Changing trends in the transaction volume of existing houses during the COVID-19 pandemic: Analysis of ownership transfer registration data in the Tokyo metropolitan area)

鈴木 雅智/武藤 祥郎

■No.5(January, 2022)
The value of urban landscapes in a suburban city of Tokyo, Japan: A semantic segmentation approach using Google Street View images
(東京圏郊外における都市景観の価値:Google ストリートビュー画像を用いたセマンティックセグメンテーションによる分析)

鈴木 雅智/森 純一郎/前田高志ニコラス/池田 純

Suzuki, M., Mori, J., Maeda, T. N., Ikeda, J. (2022) “The economic value of urban landscapes in a suburban city of Tokyo, Japan: A semantic segmentation approach using Google Street View images,” Journal of Asian Architecture and Building Engineering, forthcoming.

■No.4(December, 2021)
The rapid economic depreciation of Japanese detached houses
(日本の戸建住宅における経年減価曲線の推定

鈴木 雅智/浅見 泰司

■No.3(October, 2021)
Hedonic Real Estate Price Estimation with the Spatiotemporal Geostatistical Model
(時空間地球統計(Geostatistics)モデルによるヘドニック不動産価格推定について)

武藤 祥郎/菅澤翔之助/鈴木 雅智

■No.2(September, 2021)
Disamenity externalities of long-term vacant houses in a society without frequent foreclosures: the case of a depopulating city in the Tokyo metropolitan area
(住環境悪化に伴う長期空き家の外部性:東京圏の人口減少都市における検証)

鈴木 雅智/樋野 公宏/武藤 祥郎

■No.1(September, 2021)
Prediction and Forecasting under Spatial Autocorrelation using a Geostatistical Panel Model
(空間的自己相関の下での地球統計学によるパネルモデルを使用した現況・将来予測)

武藤 祥郎/菅澤翔之助/鈴木 雅智

上記論文について全文が必要な方は各執筆者 (Corresponding Author) にご連絡いただければ幸いです。